COVER PHOTO

毒餌の急激な淘汰圧を受けた地域では,毒餌を食べない個体群が発達します。急激な環境変化に伴って生物個体群が適応的食物選択行動を新しく示す時,味受容細胞の感受性の遺伝多型が重要な役割を果たすことが明らかとなりました。/ ノースカロライナ州立大学 勝又綾子・Jules Silverman・Coby Schal >> 詳細記事  

賛助会員